プロフィール

ブロコ絆は、2009年3月に栃木県真岡市で誕生したサンバチームです。

ブロコとはポルトガル語で「ブロック・塊り」の意味で、

ブラジルではサンバの小集団を意味します。

 

ブロコ絆では、現在、約30名の仲間達が在籍しています。

所属するメンバーの年齢も幅広く、

国籍も日本、ブラジル、ペルー…と多様です。

小さな子供から大人まで、国籍の壁を越えて、仲良く楽しく活動しています。

 

シンボルカラーは、黄×緑×赤。
黄は、喜び、明るさ、希望といった私たちが目指す姿を意味します。
また、真岡の象徴である綿の花の色です。
緑はサンバの故郷ブラジルを表します。

そして私たちの兄弟チームのサウーヂのシンボルカラーでもあります。
赤は日本を表します。私たちの情熱やエネルギーを表す色でもあります。

ブラジルと日本の絆、友情を表すこの黄×緑×赤の三色を見たら、

私たち「絆」をぜひ思い出してくださいね!

毎週の練習の他、「真岡木綿ふれあい祭り」を始めとする各種イベントへの出演、

シュハスコ(ブラジルのバーベキュー)などのチーム内の親睦会、

友好チームサウーヂとの交流や浅草サンバカーニバルへの参加など

様々な楽しい活動がいっぱいです!

 

私たちは、ブラジルの素晴らしい文化であるサンバを追求し、

プレイする私たちも、私たちのサンバを見て下さる方も

お互いが笑顔になって楽しめることを目標に日々活動しています。

 

そして、私たちはホームタウンである真岡を拠点に、

北関東エリアの地域活性に貢献し、

ブラジルと日本の架け橋となって、活動していきたいと思っています。

 
絆のテーマソング「LAÇOS DE TRAVESSIA DO MAR(海を渡った絆)」について

 

2008年は「ブラジル移民100周年」に当たる年でした。

真岡市は栃木県内でもブラジル人の多い地域ということで、

地元の企業・行政・市民によるサンバイベントが企画され、

10月12日の「真岡木綿ふれあい祭り」で、横浜のサンバチーム「サウーヂ」が真岡を訪れ、

真岡のブラジル人と日本人と共にパレードしました。

このイベントへかける関係者の熱意は相当なもので、この祭りのために

絆の代表である山口が「LAÇOS DE TRAVESSIA DO MAR(海を渡った絆)」という
詩を書き下ろし、それにサウーヂの代表である、石山氏が曲をつけて、

この日真岡の人々に披露されました。

 

このイベントやサウーヂとの交流をきっかけに、ブロコ絆は生まれました。

その後も「LAÇOS DE TRAVESSIA DO MAR(海を渡った絆)」絆の大切な心の歌として、

歌い続けられているのです。

ブロコ絆では

メンバーを大募集中!

詳しくはこちらをご覧下さい

最新情報はTwitter、
Facebookでも発信中!
ぜひフォローしてね♪

あなたは

アクセスカウンター

番目のお客様です